高齢者福祉 My Favorite Things☆ 音楽

My Favorite Things☆

~好きなことをゆるゆると~ 身辺雑記・音楽・明星...

プロフィール

東雲

【東雲】
2013年のテーマ“敢為邁往”
様々なことに興味大!
好きなことや思いついたことを
マイペースに更新中
自己紹介ぺえじ→こんなヤツデス

王力宏工房

Leslieバナー

最近の記事+コメント

ブクログ

カウンタ-2006~-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パネェっす!

ハンズ・オール・オーヴァー

講座初日無事終了也。

メエルチェックで届いていた、Maroon5新譜に心躍らせ、
7:11に寄り、引き取り帰宅。

まずは、一周。
くぅー。その一言。
一番好きなのは1stだけれども、ヤバイ。多彩すぎる内容だ。

そして、買うなら日本版だっ!
ボーナストラックが豪華すぎる!!
なんて、素敵なバンドなんだ~!!!


・・・というわけで、國榮様・力宏さんすみません。
しばらく、これ蛇回しに決定デス。。。
そして、興奮してデカイリンク画像貼ってしまいましたorz
嗚呼、洋楽もやっぱり自分の中で好きなジャンルなのだ。勿論、Rockも♪

スポンサーサイト

Jazz×お酒=プライスレス!

はい。29日、「TOKU&マリーン」に行ってきました。

SAPPORO CITY JAZZ 2010です。
この時期は、大通公園(1~11丁目迄あります)、
ほぼビアガーデンと化す時期なのですが、ここ数年、
2丁目だけは“ホワイトロック”という、仮設テントで
コンテストやプロの演奏が行われるんです。
中では、全席椅子でご飯もお酒も楽しめ、上のスクリーンでは
作家さんの映像が音と合わせて楽しめる。そんな素敵な空間。
今年、やっと初参戦できました。
4c514f8f7f753_t.jpg


当日開場1時間前に、席の引き換え開始だったのですが、
1時間半以上前から並んで、前から2列目ゲット!妹は1列目。
テーブル席でして、お向かいのご夫婦と話して縦並びにしてもらいました。
TOKUとの距離、約1~2メートル♪
思い込みかもしれないけれども、目もあいましたよ(たぶん)
バンドの人たちとも、私は終始歌っていたものだからか、
結構アイコンタクト出来て、楽しかったです。
ベースの人、指好みだったなぁ・・・。
演奏もラテンを主にやっている人たちが今回のメンバー。
とのことで、安定したリズムとそこに入るTOKU氏のアドリブが
おそろしーくカッコ良く、そしてSexyでした。
関係ないですが、「アドリブ時のお互い目を合わせる姿」というものは、
ロックバンドもそうなんですが、「萌え」です(笑)
チーム男子万歳!(最近、こればっかり言ってるかも。。。)


で。いやぁ、Jazz好きな人はいい人が多い(笑)
久しぶりに大人のマナーのよいライブにいったものだから、
とても気分がよかったのでした。あはは。

セトリは順番ウロ覚え。なんせ、チケ引き換えた後に、ビアガーデンで生中2杯・会場で強めのカクテル2杯飲んでいたものですから・・・^^;
4c51368b689e2_t.jpg

ですが、歌った曲をば覚書。しかも、英語とカタカナ混在w

<TOKU>
ロック・ウィズ・ユー
フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン
シー
ゴールデンレイディー
キスオブライフ
アゲイン

<TOKU&マリーン>
ナイト&デイ
スウィングしなきゃ意味ないね

<マリーン>
AIN'T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH
テネシーワルツ
i was born to love you
Magic

<TOKU&マリーン>
スマイル


TOKUさんは、本当に何を歌っても「聴き惚れてしまう」のですが、
CDと結構アレンジ変えてきてて、そこはやっぱりJazzですね。
フライミーは、CDアレンジもよかったけれど、生の魅力は
とてつもなかったです。個人的にもJazzスタンダードで10位以内
に入るぐらい好きな曲なので、鳥肌もんでした。
合間にフリューゲルンホルンを弾くのも、素敵。
最新アルバムでエグのアツシとデュエットしている曲は、
バックの人がハモって、ほぼTOKUバージョンでした。ある意味豪華~。
ラヴ・アゲイン

2人で歌ったスウィングは、ラテンアレンジで掛け合いも
すっごく可愛くて、にこにこしてみましたね。

そして、マリーン。
ウチの妹はカノジョを観るのは3回目。私は2回目。
観るたびに本当にパワーアップしていますし、アドリブもすごく
上手になっています。が、なんといっても「パワフル」という言葉
それが一番似合うかも。1曲目のマーヴィン&タミルのは、夏になったら
よく聴く一曲でもありましたので、チケ引換前にリハ音が聴こえた瞬間、
思わずガッツポーズをしてしまった私(笑)名曲です。
思いがけない、クイーンのカバーも「マリーン姐さん(はあと)」と
なるぐらい、元気をもらうステージでした。
持ち歌は、さすがに自分のもの。お客さん総立ちで踊りましたヨ。


楽しい時間はあっという間。
最後のスマイル。
こんな時代だからこそ…というMCが入り、会場を包み込む2人の声。
暖かく、だけれども、なぜか泣けてしまう。そんな不思議な気持ちになりました。


色々な音楽を聴きますが、上手いというのは聴く上で重要なのはもちろん
なのですけれども、“どれだけ感情を伝えてくるか”は、
ジャンルなんて関係ないのですよね。それは、人生経験や様々な人との
触れ合いもあるのでしょうが。好んで聴く、若いオトコノコタチもいいけれど、
そこが・・・やっぱり、私的には物足りないんです^^;
(あ、書いちゃった。。。)

Jazzは、小難しい。
そう思うなんて本当に勿体無いこと。
みなさまも、機会がありましたら、是非!!
・・・しかし、小林桂のも行っておけばよかったぜ。と、後悔中であります。

MixPodに夢中(12/30追記)

掃除とか、掃除とか・・・
年賀状だとか、毎年書いてる1年のまとめのエントリだとか・・・
したいことはあるのに、作ってしまった「MixPod」。
(まとめは年内にガンバロー!)

前回作成した後に、“しばらく聴いていない洋楽”をテーマに
作ってみようかしらん、と、Lオンニと話してもいましたが、
今回は「嗚呼、青春の洋楽♪」ということで12曲。

UKロックが好きで全盛だったこともあり、、、
邦楽はV系バリバリ聴きながらも(爆)好きだったバンドがお勧めする音から、色々聴くようになりました。
そんなワタクシの十代後半のヘビロテ曲たち。
その当時流行っていたものと、自分が探して気にいった曲デス。

しかし、見事にUSの人たちが2曲とは・・・^^;


MusicPlaylist
Music Playlist at MixPod.com

続きを読む »

秋の衝動買い


衝動買いと書いておきながら、テレビで耳にして気になっていたバンド。
アイルランド出身の「TheScript」のデビューアルバムをiTMSでポチしてしまいました。

ココで試聴できます。

秋空に似合う音。
様々な要素が絶妙なバランス!のミクスチャーロック。
マルーン5とはまた違う、空が曇っててそこから一筋の光が射してるかのような音。
んー、変な例えだ(笑)つまり、私の大好きなUK・アイルランドの音♪U2に通じる系統っす。

CD3枚もポチってあるのに、また聴くもの増やしてしまいましただよ・・・。
やっぱりロック・ミュージックは心に響くんです。がっつりと。

~2008年ワタクシ的洋楽蛇回し~
前半は、“TheLastGoodNight”・後半は“TheScript”だわ。

そして。TheMusicの来札・・・金銭余裕作って行きたいのに、まだCD買ってない^^;

焼き鳥とジャズはあうのだ

8/23(土)、札幌←→室蘭 往復340kmの道のり(寄り道しすぎ・・・)運転して、
「室蘭ジャズクルーズ」に初参加してきました♪

アマがメインのセッション1には、道中色々と楽しみすぎて^^;間に合わず、プロ参加のセッション2から。

室蘭に行くのは初めてでした。高速使ったら早いんですが、寄りたいところが沢山ありすぎまして、一般道を通り、支笏湖→大滝村→伊達→室蘭と自然堪能コース。
BGMはCKBと懐かしの某バンドをかけ、妙なテンションの車中、女3人(笑)
白鳥大橋も行ってみたかったところだったので、満足。橋を渡りながら、今回のお目当ての「TOKU」をかけ、「雰囲気ばっちしだわ~」、なんて言いながら到着。
この日、非常に寒く長袖着て、更に1枚プラスして丁度よいぐらい。
ふ頭の倉庫が会場。中はうす暗く、ライブハウスみたい。いままで行ったジャズフェスの雰囲気とは異なり、こういうのもいいもんだー。なんて思いつつ、とりあえず着席。

塩谷哲トリオ・TOKU&マリーン・原信夫とシャープ&フラッツ の順。

塩谷さんは今年2回目。王子は素敵でした。演奏もだけど、本人が素敵すぎ。
TOKUも飛び入りで、フリューゲルンホルンで参加して、サプライズ!
それぞれの演奏が熱くって、ジャズの醍醐味ってこういうのよね。 でした。

彼を観るために、今回室蘭まで足を運んだといっても過言ではない、「TOKU&マリーン」。
昨年の札幌ジャズフェスに参加出来なかった、リベンジ果たせた!
もう、もう、もう・・・ため息つきながら“うっとり”見てました。TOKUの名前はかなり前から知っていたけれど、きちんと聴いたのは昨年から。「ジャズ」というカテゴリーに囚われない活躍、そして「存在感」にハマッてしまいました。声がとても魅力的=めちゃめちゃSexyなのです、はい。
私が好きになるミュージシャンの共通項・・・とにかく楽しそうに音楽と遊ぶ。なのかしら。
オープニングが「MoonDance」、そして「Kiss Of Life」・・・涙出そうなセレクトでした。
サポートミュージシャンもみなお上手。Kiss~のコーラスがピアノの方とギターの方がしてて、その絶妙さ加減には唸ってしまいました。

そうそう、マリーンのボーカルもパワフルでした!だけど、どこか可愛いらしい。
本人の印象もあるのかな。マリーンは「Spain」が素晴らしかったです。
TOKUと「イパネマの娘」のデュエット。あれ?こんな大人な曲だったかしら・・・と思うほどアダルトーな雰囲気でした。マリーンとのかけあいが、鳥肌もんで。
塩谷さんが飛び入りした演奏も、鳥肌もんで。あぁ、フルセットで観たい~~~!!!
いつか観にいってやるぅ。札幌に来ないかな・・・。

合間に、室蘭焼き鳥(名前は「焼き鳥」なんだけど、豚と玉葱。甘いタレでカラシをつけて食べるのですよ。これがめちゃうま。)・カレーラーメン・おにぎり を食べました。

外も暗くなり、天候悪化・・・雨に風が強くなってきたところで、トリのシャープ&フラッツ。
重鎮のご登場。
いやぁ、盛り上がりました。ビッグバンドはいいですね。ビックバンドはそんなには聴かないんですが、こういうイベのシメにピッタリの華やかな音たちでしたよ。演奏した曲もほとんど知っている曲ばっかりだったのも、よかったです。演奏する時に解説してくれるのも、嬉しい。

最後の出演者のセッションも楽しかった~。

色々なジャンル聴きますが、やっぱりJazzは最高デス。 

ダーッシュ!ダーッシュ!

2008_02_12_1.jpg 2008_02_12_2.jpg

小曽根 真 バレンタインコンサート with 塩谷 哲・中川英二郎
行けないと思ってたのに、行けちゃいました♪♪

仕事が思いの他忙しくなかったのが良かったー。16時半には自分の片付けた瞬間「よし!今日はイケるぞ!」と、もう落ち着かず^^;それでも他の人の手伝いして、なんとか“みな残業モード”にならないように雰囲気作り(笑)
もう、一生懸命に仕事仕事!
18:25分に営業から電話がかかり・・・一瞬焦るも、すぐ解決。ほっ。
18時半定時ピッタリに職場を出まして、地下鉄まで走る!
ホント、Kitaraが近いから良かった(笑)とりあえず、夜ご飯なんてどうでもいいや!と。
さらに、地下鉄からKitaraまで走る!18:42分ぐらいに到着。
前売りを買っていた妹が、当日券買ってくれてて(A席、最後の1枚だったそうで、ありがたや~)、とりあえず一服。そして、休憩にワインも飲んでいい気分(笑)極楽だぁ。
席は一番後ろだったけれど、すごかった。サプライズもありで大満足!
恒例のサイン&握手もしていただきました。

思えば、blogを始めてからは、感想をきちんと残してたんだったわ・・・
2007年(with小松亮太さん)2005年(with塩谷哲さん) 小曽根真さんのコンサは何回目だろ。
かれこれ6回目?なんだかんだで、20代になって、ほぼ毎年観に行ってます。

今日の感想は、週末に頑張ります♪ 

nanoの中身を晒してみちゃおう

今日は第50回グラミー賞でしたねー。蟹江さんとダフトパンクのが超見たい現在。
(あとで、どこかであがることでしょう。今週中には見なきゃ♪)

ワタクシ的には、エイミー酒蔵さんが結構気になってましたんで、おめでとうございます、と一言。
でも、CD買ってない^^;蟹江さんに、ハービー御大も気になります!
近年、ジャンルが偏りつつあるのですが、こういうニュースを見る度に、洋楽もやっぱりいいなぁ。

というわけで。音楽繋がりでダラダラと無駄に長文エントリしちゃいます。
お邪魔するブロガーさんが書いていた、携帯プレイヤーの中身を書いているのに触発。

東雲使用プレイヤー:iPod nano  入っている曲:1273曲
Apple iPod nano 8GB グリーン MB253J/A


曲とアルバムをあげていったら、恐ろしいことになるので・・・
アーティスト名のみあげてみました♪勿論、feat.も除きました(笑)ジャンルわけしても大変なので、地域でわけちゃいました。アルバムフルで入れているアーティストもあれば、1曲やお気に入りだけの人もいるけれど、それでもこんなに入れてたのね、私(^^ゞしかし、女性が少ないな。

続きを読む »

「なくす」ではなく「ためない!」

ストレスをなくすことなんて出来ない!(と、思う。)
せめても・・・音楽で軽減なら出来る、かな。
映像見ると疲れちゃうことが多いので、横になって音楽を聴くことが多いです。

~現在お気に入りの曲たち~
・James Brown /Super Bad
いまさら・・・。ドリームガールズを見ていたら思い出したせいもあります。
きちんと聴いたことなかったんです。ファンクのノリは独特ですよね。基本の人はさすが。

・Marvin Gaye / Mercy Mercy Me
夏になったら聴きたくなるマービンさん。高音とファルセット具合がたまりません。

・styLe    / 分手季節(StyLe)(FTTSのLike A Manカバー)
アルバム買いました。最後を除き全てお気に入り(爆)
台湾R&Bデュオで、中国語だけど、音はK-Pop(笑)カバー曲もあっさりめにしあがっていて、よい感じ。

・Fly To The Sky /Like A Man(StyLeの元曲)
逆パターンで、現在FTTSが非常に気になっております。
7集買っちゃいました・・・リーホンさんと一緒にきます・・・。

・BRIAN      / All I Know First Date(The Brian)
声が好み!曲も落ち着くものばかり。太い声ではないけれど、とおるハスキーさ加減が良いです。「バレ!バレ!」もかっこよいな。

・Sweet Sorrow  /Simple Life(「銭の戦争」OST)
1集もレベル高っ。と思いましたが、この1曲が私のストライクど真ん中。
ジャジーな曲でたまりませぬ。

・Park hyoshin  /君はいつも 愛 愛 愛(Neo Classicism)
最初は戸惑いを覚えましたが、それは、圧倒される独特の声と雰囲気に
よるものであって。好きになると、すごく気になるタイプなんですよね。こういう方は。
いまはカバーアルバムを聴いてます。

~買いたいアルバム♪~
コール・ミー・イレスポンシブル
コール・ミー・イレスポンシブル

*限定版にしか「L-O-V-E」入ってない(泣)日本版は安いけれど、1曲が聴きたいんじゃー。
一緒に歌いたいんだもん!頑張って買お。

ストレンジフォーク
ストレンジフォーク

*クリスピアン王子は素敵です。ピアズリー風のジャケもイケてます。
試聴したらますます欲しくなりました。が、これはあとでいいや。


新米K-Popファンなので、色々聴くのがすっごく楽しい状態。
LUKAさん、いつもお勧めありがとうございます(*^_^*)

奥が深いです・・・。

ワタシってば、ワタシってば・・・

ただいま非常に取り乱している、深夜0:30(笑)

知らなかった・・・
マルーン5、やっと新譜出るのね!!

イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング (仮)

探し物(MUSEのアルバム。めちゃめちゃ前に出たのに買ってない・・・)をしていたついでに、iTMSを
覗きましたらば、
「MAROON5先行リリーストラック」えぇ、えぇ~~~???
DL150円也。もちろんDLしました。4/18日からしてたなんて・・・気がつかなかった(泣)

先ほどから延々リピートしております。ダンサブルじゃあないのよ!
くぅぅぅ、アルバム待ち遠しいぜっ!
オフィシャルHPもちぇきら♪しなきゃ。

キーワードは“哀愁感”

C-POP、K-POP、Jazz。
今月よく聴いている3ジャンル5枚。
一見共通点がなさそうで、聴いていくうちに発見。ジャンルは違えど“哀愁漂う音楽”なのです。

Jayはこの2枚を除き全部持っていたので、これでやっとコンプリ(LIVEアルバムは含まず)!
実は隠れJay迷かも(笑)熱烈じゃないけれど、彼の音楽はすごく肌に合います。
それは以前も書いたけれど、年齢が近いことと(笑)、たぶんに彼がいままで聴いてきた音楽の消化具合が絶妙なところにあるんじゃないかと感じてます。

で、この初期2作(といったらよいのかしら)。感心しちゃいました。この人はやっぱり天才。
美メロを作る才能はこの当時から変わらないけれども、全体的な傾向としてはR&B色が強めなんですね。そこがいまR&Bっていいなぁ~と思うことが多い私にはツボでした。
サンプリング多用でJayならではの面白い音を作り出すのも最初からなんですね。
Jayの声の微妙な加減とキレイなメロディは、どこか懐かしく、切なささえ覚えます。様式美溢れるクラシック的なところも好き。
~個人的推薦曲~
Jay:完美主義・鬥牛・色幽默・印地安老斑鳩・反方向的鐘
范特西:愛在西元前・簡單愛・對不起
ジェイ・チョウ(DVD付) ファンタジー(DVD付)


ついで。
ベスト版をトンペンのお友達からオススメいただいてハマッた、SGワナビー。
3人の力強い歌声と、痒いところに手が届く(笑)的な曲展開に、びっくりしたと同時に、彼らの若さにもびっくり。トンバンを聴いたときも、「この若さでこの声かい!!」でしたが、本当に韓国の歌手の方のレベルの高さには脱帽するばかりです。
まだ3人の声の聞き分けは上手く出来ないので、ひたすらハーモニーにうっとりして聴いています。

4集が出たと知って、買おうか迷っていたのですが仕事のストレス(爆)で衝動買いしてしまいました・・・。
でも。買って正解!
自分たちの国の音楽をリスペクトするのはどこの国のアーティストも同じなんだなぁ、と感じた1曲目の「アリラン」が素晴らしい。バラードはもちろん、アップテンポもいい~。「恩」「真夏の夜の夢」(Part2も)がいまのところリピート率高し、です。

この1ヶ月弱で、わなびは私の中で「ざ・哀愁」な音楽となっています。
わなび4集


最後に。
年末から途切れることなく聴き続けているこのアルバム。
南米のエリザベス・テーラー
南米のエリザベス・テーラー

UAが広東語で歌っているJazzアルバムがある!(CureJazzといいます)ということで知ったのが、菊地氏との出会い(大げさ・・・)でした。それから著作を読んで、興味大に。これ以上手広く広げると大変(笑)なので、色々な方がオススメされている「南米のエリザベス・テイラー」を買いました。

ジャンルはJazzと書きましたが、なんともいえない音楽。
哀愁・官能・混沌・憂鬱・刹那・美・猥雑・・・。
特にアルバムを通して聴くと独特の世界に浸れて、「うっとり」してしまいます。
好き嫌いがわかれてしまう音楽だとは思うんですが、私は超好み!
「京マチ子の夜」のメロに惚れ、カヒミ・カリィと歌っている「恋の面影」の素敵加減にやられ、途中のグルーブ感に倒れ、「ルペ・ベレスの葬儀」でトリップトリップ。

大人だから楽しめる音楽なのだと、つくづく思う1枚。
菊地成孔HP→コチラ
N○K、5月からの「知るを楽しむ」にご出演と~。楽しみデス♪

 | HOME |  »

Calendar

01 ≪│2017/02│≫ 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カテゴリー

Link

このブログをリンクに追加する

ネット募金

管理人宛メエル

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。